joha(ヨハ)

デンマークの老舗ブランドJOHA(ヨハ)の、冬あたたかく夏すずしい最上級ウール肌着です。Amazon Pay利用可・ギフトラッピング熨斗対応・会員ポイント5%。

joha 574 KATE 七分袖ブラウス

joha2-12365
joha2-12365
joha2-12365
joha2-12365
joha2-12365
joha2-12365

MERINO WOOL 70% SILK 30%

メリノウール70% + シルク30% のシルクウールレディース七分袖インナーブラウスです。
背中が開いたドレスでも気にせずに着ることができる襟ぐりのカットが魅力です。


シルクウールの糸は軽くて柔らかいシルクタッチで、極上の肌触りです。


メリノウール100%に比べて薄めとは言え、ウールが持つ独特な効能を同じく持ち合わせています。

ギフトボックス入りです。

JOHA(ヨハ)はデンマークの老舗ブランドです。

1963年にデンマークで誕生したヨハは、実はスカンジナビアでは誰もが1度は袖を通すと言われるほど著名。
デンマークの小さなテーラーが、ウールの子供向け下着を作ったことからスタートしました。
体温調整に適しているほか、気持ちを落ち着かせる効果などが認められ、今ではウールの肌着業界ではヨーロッパ最大規模になりました。
ウールの良さを見直されている中、最も注目されているブランドです。

JOHAは常に環境への配慮を第一としており、全ての製品にOEKO-TEX(エコテックス)認証を取得しています。

 

ブラック

在庫状態 : 〇

販売価格  ¥10,230(税込)

数量  

モスグリーン

在庫状態 : 〇

販売価格  ¥10,230(税込)

数量  

サイズ

XS(着丈 68cm/肩幅 33cm/身幅 33cm/袖丈 45cm)
ヨーロッパのサイズのため、日本人にはXSサイズがS~Mサイズです。

素材

メリノウール70%  シルク30%

取扱

洗濯機で丸洗いできます。
(洗濯ネットに入れて中性洗剤をご使用ください。)

自然が生み出した高機能素材・ウール

私たち人間や動物の皮膚は、生きるための様々な機能をもっています。
ウール(羊毛)は、羊の皮膚が変化してできたもの。皮膚にある優れた機能をいくつも受け継いだ、とても機能的な素材なのです。

免疫効果を持つクリーンな素材

皮膚は、侵入してきた細菌を無害化する免疫機能を持っています。ウールも同様の機能を持っていて、臭いの原因となる細菌の繁殖を抑制し、クリーンな状態を保ちます。ショーツさえ取り替えていれば、1週間程度は問題なく使用できるほどの高い抗菌、-消臭の効果があります。

冬あたたかく、夏すずしい

ウールは季節と体温の状況に合わせて保温効果や吸水効果を発揮し、常に丁度良い体温を保つことができる優れた天然素材です。
その機能は『天然のエアコン』と言われるほどで、冬はもちろん夏の冷房の中の体温調整にも抜群の素材と言えます。
熱中症対策でウールが改めて見直されるなど季節に対応した万能素材です。
ウールの中でも最上級と言われるメリノ種は肌触りが滑らかで一年中快適に過ごせます。

身につけていることを忘れるような肌触り

「ウールはチクチクしてとても肌に直接着られない」なんて先入観はありませんか?それはもうずいぶん昔に話。現在は紡績技術も進み、18~19ミクロン程度と、とても細い繊維となっているため、チクチクする不快感はまったくありません。むしろ天然素材ならではの肌になじむような着心地です。乾燥した季節に皮脂膜が傷つくことで起こる肌荒れも、ウールの下着をつけることで肌が再生されるという研究結果もあります。

ウールのお手入れ方法

◎ 洗濯機で丸洗いできます。
JOHAのウールは空くしの手間で洗濯機で丸洗いできます。洗濯ネットに入れて中性洗剤+『弱水流モード』で洗って頂ければ縮む心配もありません。

​◎色移り・エイジング
ウールは染色性に優れています。言い換えると色移りしやすい素材です。同色系での洗濯をお勧めします。
ウールは生き物です。経年と共に少しづつ黄みを帯び、天然素材ならではの風合いが出ます。塩素系の漂白剤などは、かえって黄色味を強くさせてしまいますのでご使用はお避け下さい。

​◎保管方法
動物繊維であるウールやシルクに含まれるタンパク質が害虫のエサとなってしまいます。害虫は汗や汚れ、食べこぼしの跡が大好きなので、場合によっては『虫食い』の被害に。浸け置き洗いで見えない食べこぼしの跡や汗など、収納前にしっかり落とすように心がけてください。あて布をしてアイロンをかけておくのも害虫から守るアイデアの一つです。

おかあさんへ

赤ちゃんにやさしい吸湿性

ウールは汗を繊維の内側に吸い込むため、表面はサラサラのまま。赤ちゃんの体温を必要以上に奪うことはありません。綿は汗を繊維の表面で吸い込むので、肌の表面が濡れたままになってしまうことがあります。また吸湿量もウールは綿の1.8倍、ポリエステルの40倍ととても優れています。「でもウールは洗濯できないから…」と敬遠する人も多いのですが、Johaのウールは洗濯機で丸洗いでき、型崩れの心配もありません。

成長の度合いにも差がでます。

イギリスのケンブリッジ大では、超未熟児34人を対象に、毛布の素材によって赤ちゃんの成長の度合いに差が出るのか、というテーマで、綿とウールの比較実験が行われました。するとウールの毛布を使った赤ちゃんは1日平均21.5gの体重増加があったのに対し、綿は平均18.2gと成長度合いに大きな差が出ることがわかりました。さらにウールを使った赤ちゃんの方が「あまり泣かなかった」「授乳のあとにすぐ眠った」「授乳前でも、より長い間静かに寝ていた」との報告も。実験でも赤ちゃんにやさしい素材はウールだと証明されました。