minä perhonen runrunrunとやまぶどうのトートバッグ

¥35,200(税込)

minä perhonen  runrunrunとやまぶどうのトートバッグ

「ミナペルホネン」の名作「run run run」

山ぶどうで編まれた箱型のかごに、「ミナペルホネン」の名作「タンバリン」を合わせました。

ほっこり可愛いテキスタイルに、気分が上がる逸品です。

野を駆けるうさぎの群れを描いた“run run run”。
うさぎたちの軽やかな足取りを感じられるような愛らしい図案を、爽やかなリネン地に刺繍で表現しています。
風が抜けてゆくような爽やかな生地です。

機械的ではない柔らかであたたかみある表情が魅力です。

※ミナペルホネン(mina perhonen)
デザイナー皆川明氏が1995年に立ち上げたファッションブランド。

皆川氏の感性から作り出される自然をモチーフとしたどこかストーリーを感じさせるテキスタイルは、世界中で人気を集めています。 ブランド名はフィンランドの言葉で「mina」は「私」、「perhonen」は「ちょうちょ」の意味を持ちます。

お出かけに便利なサイズ

底面が11cmほどあり、A4サイズの書類も入ります。
お財布や携帯、ちょっとした小物は十分に入りますが、大きすぎることもなく、ちょうどいいサイズ感です。

カゴを痛めないよう内側もしっかり裏地が施してあり、携帯や鍵など小物を入れるのに便利な内ポケットが2個あります。

つややかで明るい皮肌のやまぶどう

つややかで明るい風合いの二番皮(一番皮を削いでやまぶどうの樹皮液に浸け磨き上げた皮)を使用しています。
磨きあげられている分、一番(定番の)皮に比べるとゆっくりとツヤが増します。

「みだれ」+「花」の甘すぎない編みが、大人コーデによく合います。

かごバッグの魅力

つやつやに

使えば使うほど艶が出て美しく変化していく籠バッグは「育てる」バッグです。
一緒に時を過ごす中で、だんだんと変化していく籠バッグはかけがえのない「自分だけの籠」になっていきます。

究極のエコバック

やまぶどう・くるみ・さくらの皮で作られた籠バッグは、長持ちします。
特にやまぶどう籠は『親から子へ親子三代』に渡って使えると言われるほど。
取手などを修理をしながら、世代を超えてお使いいただけます。
いつまでもお気に入りの籠バッグでおしゃれを楽しんでいただけます。

万能アイテム

お洋服やだけでなく、お着物にもさりげなく合わせていただけます。
バッグとして洗練されたデザインの籠は、様々な場所で活躍してくれます。

オールシーズン使えます

春夏のイメージが強いかごバッグですが、しっかりとした素材感と落ち着いた風合いは、厚手のアウターにも似合い季節を問わずお使いいただけます。

ぬくもりつたえる

自然の恵みから生まれた手作りの籠バッグは、味わい深く、見ているだけで心がなごみます。

山に入り材料を採り、ひごを一本一本揃え、木型に合わせ編み込んでいく、、、ひとつの籠が完成するまでに、多くの時間と人の手が費やされています。

自然の織りなす美しさはもちろん、こうした人の手仕事によって生まれるぬくもりも、そのひとつではないでしょうか。

ラッピングご案内

ラッピングご案内

有料にて、ラッピングを承ります。

いろんな商品を組み合わせて、1つにまとめてラッピングも承ります。

ラッピングをご希望の場合は、下記ページよりラッピングサービス代金を商品と一緒にご購入下さい。

ラッピング詳細はこちら>>>

最新情報はインスタにて発信中

runrunrunとやまぶどう

販売価格
¥35,200(税込)

数量

在庫 : 〇

サイズ

W29×D11×H23㎝ 400g

素材

カゴ部分:やまぶどう
生地:minä perhonen リネン
内側: シーチング ポケット付

作製

中国 
縫製:日本

注意事項

自然素材を使った手作り品のためサイズや色合いは多少異なります。

性質上ひごに、節・うねり・色ムラ・剥がれ・割れ・白い部分(樹皮の油やでんぷんが固まったもので、カビではありません。)などがございます。
自然の証としてご理解ください。
使い込むことにより、皮の剥がれや白い部分などは、色が馴染み風合いが増してゆきます。
繊維に沿った割れやひごの上層にある割れも強度的には問題がございませんので、ご安心ください。