辻和金網 万能網 足付き ステンレス

¥4,950(税込)

辻和金網 万能網 足付き ステンレス

丈夫で機能的で美しい、長く使い続けられる職人の道具

目の荒い太いステンレスの格子網は、水切れ、油切れも良く洗いやすいので、下ごしらえにその名の通り万能です。

手作りで丁寧に作られているので、とてもしっかりしていて安全な上、どこか温かみのある佇まいです。

揚げ物のときは一つ一つ取り上げるのではなく万能網で一度ですくえます。

茹で野菜ならこの万能網ですくってそのままお皿に出すことも。
キッチンに一つは置いておきたい使い勝手のいいアイテムです。

下ごしらえだけではなく、盛り付けてそのままテーブルに持って行っても素敵です。

短い取っ手と浅いカーブ、高さ1,5㎝の足

こんなシンプルな網ですが、すべて使い易さのために計算され尽くしたような、万能網です。

これはぜひキッチンにお迎えしたい逸品です。

ラッピングご案内

有料にて、ラッピングを承ります。

ラッピングをご希望の場合は、下記ページよりラッピングサービス代金を商品と一緒にご購入下さい。

ラッピング詳細はこちら>>>

最新情報はインスタにて発信中

販売価格
¥4,950(税込)

サイズ

数量

在庫 :

SOLD OUT

丈夫で機能的で美しい、長く使い続けられる職人の道具

サイズ


 横×縦(直径):24cm
 長 さ:33cm
 高 さ:3cm


 横×縦(直径):20cm
 長 さ(全長):26cm
 高 さ:3cm

生産

日本

辻和金網

古都・京都に今も息づく、職人の手わざ

御所から南に延びる堺町通。
変わりゆく町並みの中で、
「辻和金網」は創業以来八十余年の技を
今も変わることなく守り続けています。

この地で、暮らしの中の様々な工芸品が
生まれてきました。
その一つが今も身近なところで重宝されている
手作りの金網細工です。

機械による大量生産品には真似のできない「雅」があります。

京都の金網の起源は平安時代にさかのぼると言われています。
その技を受け継いできた職人達によって、
明治以降、金網は盛んに作られるようになりました。
しかしプラスチック製品の登場や機械化という時代の波に直面し、
価格の安さに押された金網職人たちは、次々に店をたたみました。
そんな中でも工夫を凝らした巧みな細工が発達しました。
熟練の技が生み出す網目の美しさは、
機械による大量生産品には真似のできない「雅」があります。
金網細工は釘を打ち付けた台と指先の感覚だけで、
細い針金を編みあげていきます。
手作りだからこそ用途に応じて針金の太さや
網目の大きさを変えることができ、
長年使ってほころびができた時は修理もできます。

料亭などのプロから一般家庭に愛される
道具を作り続けて来ました。
受け継いできた伝統の技を大切にしながら、
時代の流れに合った道具作りを
していきたいと考えております。
金網細工が京都の伝統的な工芸品として
愛されて止まないのは、千年の都が培ってきた技術力と
磨かれた美意識が受け継がれているからです。